Schick Style Magazine

髭の剃り方・整え方

髭剃りと逆剃りについて

髭剃りと逆剃りについて髭剃りと逆剃りについて

逆剃りや二回剃りしないとお肌のざらつきが気になるという方へ、肌への負担が増す逆剃りをしない髭の剃り方をご紹介します。

01
肌のざらつきと逆剃り

一度の髭剃りで肌のざらつきを防ぐには、まず、刃先が摩耗していないカミソリを使用することが大切です。刃先が摩耗したカミソリで髭を剃ると抵抗が大きくなり、引っ張られるような痛みの原因にもなります。

カミソリを使用して髭を剃る時、刃先は髭にくい込み、引っ張りながら引きちぎるように切断しているので、剃り味の悪いカミソリでは、引っ張られた髭が残り、肌がざらついてしまうのです。肌がざらつくため、一度髭剃りをしてから逆剃りや二回剃りをする方が多いですが、逆剃りなどをすると、肌だけでなく刃先への負担にもなります

02
逆剃りをしない髭の剃り方

逆剃りをしないためには、適切な髭剃り方法を知ることが大切です。

まずは肌と髭を水かお湯で濡らします。肌と髭に水分を十分に与えることで、髭は柔らかくなり肌は強くなります。髭を剃る時にはシェービング剤などの使用をおすすめします。髭をより柔らかくするだけでなく、滑らかなシェービングを実現します。そして、髭の生える方向に軽く滑らせるように剃ると、肌への負担は少なくなり、髭剃りあとも逆剃りする必要のない滑らかな仕上がりになります。

RECOMMEND
おすすめアイテム

あなたにおすすめの記事

ONLINE SHOP