TOPシックスタイルマガジンシックスタイルマガジン for MEN髭の剃り方・整え方髭剃りによる肌荒れ(カミソリ負け)を防ぐためには

Schick Style Magazine

髭の剃り方・整え方

髭剃りによる肌荒れ(カミソリ負け)を防ぐためには

髭剃りによる肌荒れ(カミソリ負け)を防ぐためには髭剃りによる肌荒れ(カミソリ負け)を防ぐためには

髭と肌荒れ(カミソリ負け)の関係

髭剃りによる肌荒れには様々な理由があります。

正しい髭の剃り方や髭剃り後のお手入れなどで、髭剃りによる肌荒れを防ぎましょう。

01
髭と肌荒れの関係とは?

個人差はありますが、乾いた肌での髭の硬さは、同じ太さの銅線と同程度の硬さと強さがあると言われています。髭も硬い状態なので剃りにくく、肌荒れ(カミソリ負け)を起こしやすくなります。表皮が剥がれやすい乾燥した状態で髭剃りを行うと、皮膚が刃先によって削りとられやすくなります。ひどい場合は、肌を傷つけた場所から細菌が入り、炎症を起こすこともあります。

02
髭剃りによる肌荒れを防ぐ髭の剃り方

髭剃りによる肌荒れを防ぐためには、まず肌と髭を水またはお湯で十分に水分を与え、髭を柔らかくしましょう。肌への負担軽減になります。また、肌、皮膚は水が浸透することにより強くなります。肌と髭に水分を与えたら、シェービング剤などをつけましょう。滑りを与えて、シェービングをスムーズに行うことができ、髭剃りによる肌荒れを起こしにくくします。

03
お肌や髭の状態と肌荒れ

朝シェービングを行う方:目覚めた直後の肌は、睡眠中に皮膚が体液で膨張した状態です。1520分ほどして、血行が促進され、皮膚が通常の張りに戻り、シェービングに適した状態になってから行いましょう。

夜シェービングを行う方:夜になると日中の疲れなどでお肌が弱っていることがあります。髭剃り後の肌荒れの原因にならないように、アフターシェーブローションなどで、きちんとお肌のお手入れをしましょう。

 

おすすめの保湿クリームはこちら

RECOMMEND
おすすめアイテム

あなたにおすすめの記事

ONLINE SHOP