Schick Style Magazine

髭の剃り方・整え方

髭をおしゃれにデザインするには

髭をおしゃれにデザインするには髭をおしゃれにデザインするには

髭は生やす場所や形、長さによって顔の印象を大きく変えます。

髭を生やすときには、口髭やあご髭など自分にあった髭のスタイルを決めてからデザインすることも大切です。

01
口髭とあご髭

同じ髭でも、口髭とあご髭では、相手に与える印象が異なります。

一般的に、口髭を生やすと大人っぽい印象になります。

童顔が悩みという方にはおすすめのスタイルですが、一方で、生やし方によっては威圧的な印象を与えるので、口髭は上級者向けの髭スタイルと言えます。

 

あご髭は、長さにもよりますが、顔立ちをすっきりと見せる効果があり、おしゃれな印象を与えます。

他にも、様々な髭のスタイルはありますが、自分の顔の特徴を知り、自分に合う髭をデザインすることが大切です。

02
清潔感のある髭のスタイル

髭を伸ばす時は、ただ伸ばすのではなく、きれいに整えることで清潔感のある髭のスタイルがつくれます。

一般的に、もみあげは、あまり長めに残さずカットすると良いでしょう。

 

また、髭を伸ばしていると、髭の長さにばらつきが出ます。専用のトリマーなどで髭の長さを整えましょう。

口髭やあご髭など、髭を伸ばす場合には、余計な部分の髭はきれいに剃り、髭のキワを整えられるデザインカッターなどの専用のカッターで髭の形を整えましょう。

おしゃれな髭のデザインを保つには、自分にあった髭のスタイルを知り、小まめなお手入れを欠かさないことが大切です。

RECOMMEND
おすすめアイテム

あなたにおすすめの記事

ONLINE SHOP