Schick Style Magazine

髭の剃り方・整え方

実はすごく大切。シェービング前の準備

実はすごく大切。シェービング前の準備実はすごく大切。シェービング前の準備

01
なぜシェービング剤が大切か

ステップ2髭を柔らかくする。肌を水やぬるま湯で濡らし、髭は柔らかくしてからのシェービングが快適な髭の剃り方です。

①シェービング剤は、髭を柔らかくする効果があります。

乾いた髭は銅線と同じくらいの硬さと言われています。

何もつけずにそのまま剃ろうとすると、肌に負担をかけてしまうことに。

シェービング剤で髭を根本からしっかり柔らかくすることが重要です。

 

②刃から肌を守ります

シェービングは、髭だけでなく肌表面の角質層(死んだ細胞)も適度に取り除いてくれます。しかし、強く剃ると肌に必要な部分まで傷つけてしまうことに。

シェービング剤で刃の滑りを滑らかにし、肌を守ることが重要です。

カミソリ負けを防ぐ、薬用処方のシェービング剤もおすすめです。

③すべすべ肌の仕上がりに

髭の剃り残しが気になって同じ部分を重ねて何度も剃ると、肌に負担をかけてしまうことに。

シェービング時の髭が見えやすい、透明なシェービングジェルもおすすめです。

うるおい成分の入ったシェービング剤もおすすめです。

02
ニーズで選べる3つのタイプ

①ジェルタイプ:剃り残しが気になる人におすすめ

透明なジェルは、肌につけた時、剃る部分が見えやすいので、初めてシェービング剤を使用される方にもおすすめです。

 

<ジェルのご使用方法>

  1. 適量を手に取ります。
  2. 肌の面積の広い部分から、ジェルをつけていきます。
  3. 髭を剃りやすい、もみあげや頬のあたりから剃り始めましょう。
  4. 硬い髭が生えやすいアゴや口まわりは、ジェルで髭が十分柔らかくなってから最後に剃りましょう。

 

②フォームタイプ:やさしく肌を守りたい人におすすめ

クリーミーな泡がやさしく肌を包み込み、シェービング時の肌を守ります。

 

<フォームのご使用方法>

1.適量を手に取ります。

2.肌の面積の広い部分から、フォームをつけていきます。

3.髭を剃りやすい、もみあげや頬のあたりから剃り始めましょう。

4.硬い髭が生えやすいアゴや口まわりは、ジェルで髭が十分柔らかくなってから最後に剃りましょう。

 

③ジェルフォームタイプ:しっかり深剃りしたい人におすすめ

はじめはジェルが髭に密着・浸透、肌にすりこむとフォームに変わり、しっかりスムーズに剃れます。

 

<フォームのご使用方法>

1.適量を手に取ります。

2.肌の面積の広い部分から、ジェルフォームをつけていきます。ジェルを肌にすりこむと泡に変わります。

3.髭を剃りやすい、もみあげや頬のあたりから剃り始めましょう。

4.硬い髭が生えやすいアゴや口まわりは、ジェルで髭が十分柔らかくなってから最後に剃りましょう。

RECOMMEND
おすすめアイテム

あなたにおすすめの記事

ONLINE SHOP